【教師なのか!?】町田啓太の父親は「晃一」!どんな人か徹底解剖してみた!

machida-chihci-eyecatch

国宝級のルックスを持つ町田啓太さん今人気急上昇中の俳優の一人です。

そんな町田啓太さんの父親を中心に、それに関連するエピソードご紹介します。

町田啓太の父親はどんな人?

1962年生まれの61歳で(2024年1月現在)、名前は町田晃一さんと言います。

職業は、教師だったようです。それもあって町田啓太さんが小さい頃は、「親の影響もあって、教師になりたいと思っていたそうです。

群馬県は、わりと「女性がしっかりして強い」ようでして、町田啓太さん啓太はインタビューでこう答えています。

machida-chichi-intabyu-2画像出典元:https://veryweb.jp/column/63069/

お母さんがカカア天下ということは、奥さんの尻に敷かれ気味の父親だったのではないでしょうか…

優しくておとなしいそんな父親像が想像できます。

ご先祖様は平家ってホント?

父方のルーツは群馬です。

町田啓太さんの出身地は、群馬県の東吾妻町です。東吾妻町は、2016年に放送されたNHK大河ドラマ真田丸」の舞台にもなっているところです。

山々が連なり自然が豊かで、街灯がないようなところだったみたいです。

先祖は、平家だと聞かされているが本当なのか?と、TV番組でそういう企画があり、調べると源氏の落人だということが判明しました。

思っていたのと違ったので、驚いた様子でした。

実家はお金持ち?

ご両親がともに地方公務員の教師だったとすると、平均的に見たら世帯の年収は850~1000万弱程度なんじゃないかと予想できます。

ですが、これは2022年の群馬県地方公務員の給与データですので、ご両親が現役時代だったとすると、もう少し低いのかもしれません。それでも世帯年収としては、高いほうかもしれません。

しかし、姉と妹がいる三兄弟の町田啓太さんの家庭では、養育費が相当かかるので、特別お金持ちなわけではないような気がします。

町田啓太の父親も高身長!

町田啓太さんは身長が181cmあります。

父親も身長が高く180cmくらいあるとのことです。

今は欧米の食生活に変わってきたせいか、身長が高い人が増えてきましたが、町田啓太さんの父親の世代にしてはかなりの高身長だったと思われます。

周りのお友達より、見た目が抜き出た存在だったのではないでしょうか…

町田啓太と父親との思い出・エピソード

父親との思い出は、子供の頃に月1回家族で映画を観に行く習慣があったことです。

家族で毎月映画を観ているうちに、映画の中の人になれば、人を楽しませることができると俳優に興味が出てました。

家族で月1回映画を観に行くだなんて、仲の良い家族だったのでしょう。

町田啓太の父親と母親の出会いは宇都宮大学

町田啓太さんの父親と母親は、二人とも宇都宮大学出身です。

国立大学なので、優秀なお二人だったのかな…と感じました。

出会いは、宇都宮大学のバードウォッチング部でした。

学生時代から老けて見られた父

部室に行った時に可愛らしい母を見て、父:晃一さんは一目ぼれしてしまいました。

父の見た目が老けていたので、母はとても同級生とは思えず、「OBの方ですか?」と聞いてしまい、父はショックを受けたそうです。

町田啓太の母親はどんな人?

母も教師をしていて、名前は敦子さんと言います。

共働きで忙しいのに家のことはしっかりやって、お料理上手だそうです。

とても優しい人で、芯が強く弱音を吐かない、そんな母親を町田啓太さんは尊敬しているそうです。

母親が家庭菜園で野菜を育てていて、町田啓太さんにできた野菜を送ってくれるそうです。

母が育てた野菜は格別においしくて、送ってもらうことが楽しみのようです。

町田啓太の父方の祖父母はどんな人?

共働きで忙しい両親に変わって町田啓太さんの面倒を見てくれたのは一緒に暮らしていた父方の祖父母でした。

祖父は、七郎さんと言って、昔はブロック職人をしていました。

厳しく、頑固親父で、地元でも有名の方だったみたいです。

『巨人の星』の星一徹のようなスパルタで、とにかく口うるさかったそうです。

町田啓太さんはお箸の持ち方や食事のマナーなど、厳しくしつけられました。

学校から帰ってくると、「宿題しろ!」と言われ、やるべきことを先にやる習慣がついたのは、おじいさんの影響らしいです。

祖母光江さんと言って、優しくマリア様のような方だったとか。

怒ったことをみたことないくらい、こんな人いるのか!?という優しい人で、町田啓太さんは自他ともに認める「おばあちゃん子」でした。

祖母に愛情いっぱいに育ててこられたようです。

高校時代、寮生活を送っていた町田啓太さんが休暇で帰省し、学校へ戻るときになると飴やチョコをビニール袋に入れて「持って行きな」と涙目で渡してくれたそうです。優しいおばあちゃんですね。

祖父母は、真逆なタイプだったんですね。

甘やかされるだけでなく、厳しくもしつけられていて、町田啓太さんはバランスのよい育てられ方をしてきたのかな…と思います。

これは管理人の主観ですが、祖父母と一緒に暮らしてきた友達を見てみると、お年寄りを大事にし優しい人が多い気がします。

きっと町田啓太さんも優しい人なのかな…と思いました。

町田啓太の芸能界デビューに両親は賛成?反対?

芸能界デビューについての両親の意見は探せなかったのですが、町田啓太さんはインタビューでこんなふうに話していたことがあります。

自分がやりたいことは、全てやらせてくれて応援してくれた両親には感謝しています。母から『あなたの好きなように生きなさいよ。ただし謙虚でいなさいよ。』と言われました。」

ですので、きっと町田啓太さんの両親なら芸能界デビューにも賛成してくれて、応援してくれたんじゃないかな…と思います。

これは管理人の憶測ですが…

町田啓太さんは、子供の頃からパイロットに憧れており、石川県の日本航空第二高等学校(現・日本航空高校石川)に進学しています。

中学卒業後は群馬の実家を離れて、寮生活をしていました。

全寮制の学校だったので、授業料・寮費・共益費・1日3食分の食費・諸経費がかかるということで、普通の高校よりだいぶ学費がかかっています。

町田啓太さんの夢を応援し、金銭面でもサポートしてくれた両親にはとても感謝しているようです。

両親は、お金はかかっても好きなことは何でもやらしてくれたそうです。

町田啓太がお芝居で父親役をやって感じたこと

お芝居で、父親役を経験した町田啓太さんは、インタビューでこう答えていました。

machida-chichi-intabyu-画像出典元:https://veryweb.jp/column/63069/

大家族で育ってきた町田啓太さんは、いろんな世代・立場の人達と接する機会が多かったので、コミュニケーション能力も高く、バランス感覚の良い方に育ってきたと想像できます。(管理人の主観ですが…)

「自由で楽しい家庭が一番いい」と言ってますが、家で家族がリラックスできる環境であるといいですね。

最近、町田啓太さんは結婚されましたが、彼自身も温かい家庭を築いていくのだろうなと感じました。

町田啓太さんの実家については、コチラをご覧ください。

町田啓太さんの病気については、コチラからご覧ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP
error: Content is protected !!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.