林真理子の夫・東郷順は元・千代田化工建設勤務の一橋大学卒エリートリーマンだった!

hayashimariko

Pocket

2018年大河ドラマの「西郷どん!」の原作を書き、未だに現役でヒット作を飛ばす林真理子。小説家・エッセイストとして活躍中ですが、どんな夫がいるのか調べてみました。

林真理子 プロフィール

hayashimariko画像出典元:葉月硝子プライベートブログ

名前 林真理子(はやし まりこ)

生年月日 1954年4月1日 67歳(2021年4月現在)

出身 山梨県山梨市

職業 作家・エッセイスト

 

夫・東郷順は元千代田化工建設のエンジニア

officePCイメージ図

林真理子の夫は東郷順さんという一般の方で、4つ年上のようです。一橋大学を卒業されてから、千代田化工建設でエンジニアをされていました。

千代田化工建設は、石油や天然ガスといったエネルギーと環境の調和を目指しているエンジニアリング企業です。エリートサラリーマンですね。

結婚した当初は、林真理子のことを知らなかったそうです。亭主関白の夫と噂されていましたが、真理子だけにM女なのでしょうか…そういえば、彼女のエッセイに「男の人にもてなかったということがトラウマになって、私をM女にさせた…」と書いてありました(汗)。

彼女のエッセイで自分のことがネタにされても、全く気にしない方だそうです。普通、影響力の強い人に、自分のことをネタに書かれたら、気になってしまうかもしれませんが、それを全く動じずに笑い飛ばすなんて、只者ではなさそうです。。。

 

現在はリストラされて主夫?

リーマンショックで会社をリストラになり、現在はヒモならぬ主夫として、妻を支えているようです。稼ぐ奥様がいると、生活も安心ですね。

林真理子もエッセイの中で林家は代々男に貢ぐと言っています。林家では、今に始まったことではないようです。ずいぶん肝が据わっていますね。

 

死去の噂はガセネタ!

「林真理子 夫 死去」という噂があったので、調べてみましたが、どうやらガセネタのようです。

林真理子の4歳上ということなので、夫は現在71歳(2021年現在)のようです。高齢なので、死去という噂が出たのではないか!?と思いました。

離婚危機はガセネタ!

以前、TV番組「情熱大陸」で、林真理子の合コンのシーンが流れていたようでした。

それがきっかけで「離婚危機!?」なんて、噂が流れましたが、そんなこともなく、高級車を旦那さんにプレゼントしたりして、結婚して30年以上経っても仲が良いようです。

旦那さんがリストラされても、「夫を養っていく」という覚悟を決められていて、潔いなと思いました。

 

現在の夫婦関係

hayashimarikohuuhu画像出典元:https://search.yahoo.co.jp/image

林真理子と夫の関係をまとめてみました。

 

お互いの好きなところ

・夫から見て、林真理子の好きなところは「明るいところ」「細かいところにこだわらない」

・林真理子から見て、夫の好きなところは「誰に対しても親切」「普通の男の人が照れて言わないようなことを素直に口に出して褒める」「話が面白くて、ジョークがうまい」だそうです。

日本人男性は女性のことを誉めるのが苦手だったりして、あまり褒めてくれなかったりします。が、試着室から出てきた林真理子に対して、夫は「綺麗だよ」などと褒めてくれるそうです。

そう言ってくれると、女性は嬉しいですし、もっと綺麗でいようと頑張ってしまうと思います。思っているだけで、口で言ってくれないと相手には伝わりませんし。

 

夫は林真理子のとめどめない買い物にも寛容

何十万の高級ブランドのバックをポンポンと買ってしまったときでも、旦那さんはにっこりと「自分で稼いだお金で何を買ってもどうぞ。」と寛容なそうです。

なかなかできることではないと思います。

 

出会い・馴れ初めはお見合い!母親の親友の紹介だった!

omiaiirasuto

お母さまの親友のおばさまから電話がかかってきて「良い人がいるから会ってみない?」と、会ったのが東郷さんだったそうです。

最初の印象は、「背も高いし、ハンサムだし、でもなんかおとなしそう。」だったそうです。(その後、よくしゃべる人だとわかったそうですが…)

 

【スピード結婚】プロポーズは会って5回目!

konyakuyubiwaイメージ図

1990年、林真理子が36歳、東郷さんが40歳のときの1月に出会い、1ケ月後には東郷さんからプロポーズされたそうです。

早いですね。そんなに早く決めて判断誤らなかったのか?と思いますが、ずっと結婚生活が続いているところを見ると、彼女の人を見る目に狂いはなかったのかな…と思います。

 

結婚の決め手

hayashimarikokekkonshiki3画像出典元:系列記録

東郷さんの猛アプローチだったようですが、結婚前にレストランで豪華なフルーツの盛り合わせを注文してくれたことがあり(かなり豪華だったそうです)、そういうのをケチる人は嫌だなと思って、好印象だったそうです。

それが自分と価値観が合うと思ったのではないでしょうか…管理人の推測ですが…

 

結婚式は西神田のカトリック教会~ウェディングドレスは森英恵デザイン~

出会った年の5月には西神田にある「カトリック神田教会」で挙式し、ウエディングドレスは森英恵さんデザインでした。胸と背中の開いたシンプルでスレンダーな大人っぽいドレスを着られたそうです。

結婚式当日までのお楽しみということで、ウエディングドレスは旦那さまには見せなかったらしいです。披露宴は「トゥール・ジャルダン」で、披露パーティーは「赤坂プリンスホテル旧舘」で行いました。

彼女のエッセイに、「教会での式は、キスをするのか?しないのか?と心配している。結婚式の誓いのキスを親族の前でやるのは嫌。ほっぺなのか、おでこなのか、はたまた唇か…」と書いてありましたが、結局どこにしたのでしょうね…

その恥ずかしい気持ち、わかります(笑)。私もさんざん「唇にだけはしないで…」と懇願しましたから。

 

結婚前の理想の結婚相手の条件

kekkonshikifuufuイメージ図

かなり昔に読んだ記事で、林真理子が結婚相手に求めるものは、「サラリーマン(青年実業家や同じ業界人はだめ)」「一人暮らし経験がある」「ケチでない」「しょうゆ顔のハンサム顔」「品のある人」だったかと思います。

なにより下品な男性が嫌いなそうです。同じ業界の人だと仕事に理解がありそうなのに、サラリーマンがいいんだなぁと意外でした。この記事を読んだ当時、管理人は独身だったので、実は林真理子の結婚相手の条件を少し参考にして、夫を選びました。

例えば、「一人暮らし経験がある」「ケチでない」等。夫婦でお互い実家暮らしのまま結婚した友人は、「旦那は、ご飯が出てくるのが当たり前だと思っている。」と嘆いていました。

その点、一人暮らし経験が長く、進んで家事をしてくれるうちの夫は、その点良かったかもしれません。

林真理子は、てっきり「男は中身で勝負!」と言うのかと思いきや、ルックスにもこだわるのですね…結婚した当初に旦那さんを見た時、確かにハンサムな方だなと思いました。

 

44歳の時に体外受精で出産

akachanイメージ図

36歳で結婚後、林真理子はなかなか子供ができませんでした。

最初、不妊治療に消極的だったご主人でしたが、今まで努力をしてなんでも手に入れてきた林真理子は、「努力しないで子供を諦めるのは嫌だ」と泣きついたそうです。

その結果、ご主人の協力あって何度目かの体外受精で見事妊娠。44歳で無事に女の子を出産したそうです。

不妊治療を行っていた病院は、「加藤レディスクリニック」と噂されています。

友人でも体外受精の方がいますが、相当お金がかかるようです。友人は体外受精1回で妊娠しましたが、「高額なので何度もできなかった」と申しておりました。

以前、読んだ記事に書いてありましたが、子供を諦めていた頃にスピリチュアルカウンセラーの江原啓之に「林さん、お子さんできるよ。」と言われたそうで、何か未来が見えたのでしょうか…

 

まとめ

温厚で、優しいジェントルマンな夫という印象を受けます。林さんも愛されていて、居心地が良さそうです。

稼ぐ方が働いていたりして、夫婦でお互いにはない面を補い合っている気がします。夫婦仲も良さそうですし、これからも仲良く暮らしていきそうです。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.