【完全特定】黒木華の実家は大阪府茨木市!家族は両親と弟の3人で仲良し!

kurokiha-aikyacchi

「日本一割烹着が似合う」と称される黒木華

素朴だけれど、穏やかな雰囲気で安心感を与えてくれる女優さんです。

そんな黒木華の実家について調べてみました。

黒木華の実家は大阪府茨木市?

黒木華の実家は「高槻市」「茨木市」という噂があるようなので、検証してみました。

黒木華の実家が大阪府茨木市と噂されている理由

なかでも黒木の実家は「茨木市」にある説が有力です。

なぜなのか?その理由について、述べたいと思います。

高校までの出身校が全て茨木市内だから

黒木華の出身小中高の学校は、以下のこちらです。

出身小学校:茨木市立三島小学校(大阪府茨木市三島町3−13)
出身中学校:茨木市立三島中学校(大阪府茨木市西河原1丁目17−10)
出身高校:追手門学院中学校・高等学校(大阪府茨木市太田東芝町1−1)

全て茨木市内になります。

公立の小学校・中学校は通学区域が定められているので、黒木華の実家は茨木市内で間違いないでしょう。

茨木市立三島小学校の通学区域はこちらですので、黒木華の実家もおそらくこの中にあるのではないでしょうか…

kurokiharu-shougakko画像出典元:https://www.gaccom.jp/schools-27697/district/map.html

X上で信ぴょう性の高そうなつぶやきが…

X上で、黒木華が茨木総持寺(そうじじ)の出身だというツイートがありました。

トークイベントで、黒木華自身が話していたそうで、嘘をつく必要性もないし信ぴょう性が高そうです。

kurokiharu-ibaraki画像出典元:X

黒木華の家族構成は?

黒木華の家族は、両親と弟の4人家族で皆仲良しのようです。

両親は、子供がやりたい好きなことを応援してくれる両親だったそうです。

父親はイケメン!

お父さんは、イケメンと近所でも評判だったそうです。

黒木華はよく「お父さん、イケメンだね」と近所の人に言われたとか…きっとかっこいいお父さんだったのでしょう。

黒木華自身は、「普通の関西のおっちゃん」と発言しています。

管理人は関西出身でないので、関西のおっちゃんのイメージがよくわからないのですが、よくしゃべる面白い人なのかな…と想像しました。

母親の貴子さんはポジティブ!

演劇好きになったのも、母親の影響が強いそうです。

小さい頃は、母親が弟と一緒にお芝居や映画を観に連れて行ってくれました。

母親の貴子さんとは姉妹のように仲が良く、なんでも話せる間柄だそうです。

明るくポジティブな母親で、黒木は「母と話をすると、前向きになれる!」と話しています。

今でも悩んだ時に一番に電話するのは、母親だそうです。

お母さんが気持ちを全て受け止めてくれると、子供の心が安定がして育ちそうです。

「どこに行っても自分は大丈夫。家に帰ればお母さんが話を聞いてくれる。」と思うと、どこでも生きて行けそうです。

きっと素敵なお母さまなのでしょうね…

弟の侑太さんはしっかりもの!

3歳年下の弟がいて、名前は侑太(ゆうた)さんといいます。一般人で会社員をしているそうです。

黒木は弟のことが好き過ぎて、何かあったらすぐ連絡してしまうそうです。

弟の侑太さんはしっかり者で、話を「うんうん」と聞いてくれるそうです。聞き上手なのですかね…

悩んでいるときに「大丈夫じゃない?」と後押しをしてくれる存在で、そんな弟に感謝していると発言しています。

ご飯に誘って「友達と会うから無理」と断わられると、「なんだよ!」と思うそうです(笑)。

ほほえましいエピソードが可愛すぎます。

黒木華の一家は映画好き

黒木華の家族は、映画好きの一家だったそうです。小さい頃から、家で映画を観ていました。

少女時代の黒木は、ジャッキーチェンの映画が好きで、中でも終わりのNGシーンが好きでした。
管理人もラストのお楽しみのNGシーンが好きだったので、気持ちがわかります。
若いときのジャッキーチェンは、動きもキレッキレッでアクションシーンに圧倒されました。
この時の映画好きから、黒木はお芝居に興味が出てきたのかもしれません。

黒木華の実家はお金持ち?

黒木が中学生の時にTV番組「探偵ナイトスクープ」に出演していました。

kurokiha-12year画像出典元:X

その時に自宅がちょっと映るシーンがありましたが、特別豪華な現代風の家ではなく、昭和な感じの普通のお宅でした。

ですので、特別お金持ちではなく、ごくごく普通の家庭でないかと思われます。

ドアではなく引き戸の玄関だったので、和服の似合うイメージの黒木とぴったりだな…と思いました。

黒木華の名前の由来は?

管理人は、黒木華の名前を「くろき はな」かと思っていました。

実際は、「くろき はる」と読みます。

両親が名付けたそうで、「春のように華やかに生きてほしい」という意味が込められているのと「春生まれ(3月14日生まれ)だから」と答えています。

また「当時2文字の名前が流行っていた」とも話しています。

名前を「はな」と間違えられるのもしょっちゅうだそうで、間違えられても特に否定しないそうです。

否定することが面倒くさくなってしまって、あだ名だと思って対応しているそうです。大人な対応ですね…

黒木華の実家で食べていた料理は?

母親は、外食はあまりしない主義でした。和食中心の料理で主食は玄米だったそうです。

ますます期待を裏切らない和風美人「黒木華」!和食でよかったです。

「洋食ばかり食べていました」となると、イメージと違います。

なかでも黒木は「母親の作る手作り餃子」が大好きで、帰省するときには作ってもらうそうです。

母親の作った餃子の具を、家族皆で餃子の皮に包むのが恒例行事だったとか…

仲が良い家族ですね。笑顔で餃子を食べる家族の様子が目に浮かびます。

黒木華の芸能界デビューに両親は賛成?反対?

両親は「やりたいことをやりなさい」と、いつも黒木のやることを応援してくれて、芸能界デビューに対しても、反対はしなかったそうです。

進路を考えた時、演技の道に進むのか幼稚園の先生になろうか悩んでいたところ、「女の子なんだし、結婚すればいいんだから…」と言われて、お芝居の仕事を続けていこう!と気が楽になったそうです。

その結果、今の活躍があるのですから、お母様のアドバイスにいつも助けられているのでしょう…

家族仲、兄弟仲がわかるエピソード

黒木はとても仲良しな家族のようですが、それがわかるエピソードがありましたので、ご紹介いたします。

いちご嫌いの黒木華のために母が作ってくれたチョコレートケーキ

いちごが苦手な黒木華は、ショートケーキが食べれませんでした。

そんな黒木の為に母親はよくチョコレートケーキを作ってくれたそうです。それからはチョコレートが大好きになりました。

今でも仕事の合間に甘いものが食べたくなった時には、チョコレートを食べるそうです。ついつい食べすぎてしまうとか!?

以前、ロッテのチョコレートのCMにも出ていましたよね…

黒木華が家族愛を感じるとき

家族愛を感じるときは、実家に帰省した時だそうです。

「何食べたい?華の好きなものを作って待っているね。」と言われると、帰る場所がある安心感を感じるそうです。

普段は信頼して放っておいてくれるけど、強い絆で結ばれていることを感じ、親への感謝があふれ出てくるそうです。

黒木華の人生で一番大切なのは家族

黒木はインタビューで、「人生で一番大切なのは家族」と話しています。

そう言い切れちゃうのって、すごいです。

やはり家族皆仲が良くて、信頼しあっているんだなと思います。

理想の家族像についても、こう言っています。

kurokiha-intabyu-
画像出典元:https://www.walkerplus.com/article/155177/

自分のやりたいことをやらしてくれたご両親に感謝しているのでしょう。

だから「自分もああいう家族になりたい」と思う気持ちが強いのだと思います。そう言えるのってとても羨ましいです。

間近で生き方を見てきた子供にそう評価される親っていうのは、本当に素敵な方なんだと思います。

だって、一番子供の目って厳しい気がします。おべっか使う必要性がないでしょうし…

そんな黒木華自身が作る家族もきっと素晴らしい家族になるでしょう…

今は独身のようですが(2024年3月現在)、楽しみに待っています。

黒木華の韓国人やハーフ疑惑についての記事はコチラをご覧ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP
error: Content is protected !!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.